就業規則コンセプト

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
年金特別便に関する窓口対応の行政協力も、今年いっぱいで終了となる見通しです。
行政協力をしてもうすぐ1年経ちますが、社保庁解体により対応人員が不足している中で次から次へと問題が顕著化しており、このまま人海戦術では限界があるのではと感じております。

というわけで、来年度からは本業に専念しもっともっとたくさんの案件を経験してレベルアップを図り、事務所としての売上げを拡大していきたいと思っております。
(サーバが軽くなったせいか、最近やっとseesaaブログの記事入力がサクサク出来るようになりました。なるべく更新していこうと思います)
 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに(とりあえず)参加中手(チョキ)

さて、今回は当事務所の就業規則作成プロセスをご紹介します。(PRですわーい(嬉しい顔)
労基署への是正対応などで、ここのところ労使トラブルの増加を身を持って痛感しております。
当事務所の就業規則作成コンセプトは、クライアント先独自にカスタマイズした就業規則作成です。
トラブルを未然に防げるよう、依頼を受けたクライアント先の実態や業種の特性を考慮し作成に取組んでおります。

経営理念を前文に盛り込んでいきますので、形骸化している経営理念を改めて検討して頂くケースも出てきます。事業主さまへは事業を始めた頃を思い出してもらえる良い機会にもなります。
もちろん従業員の方へちゃんと周知し運用していかないと機能しないと考えておりますし、入社時には就業規則の内容ををきちんと説明して、これから仕事へ取組む姿勢などを良い緊張感も与えることが出来ます。
当然、何度も打ち合わせを重ねながら完成させていきますので、すぐに完成しません。

以前5万円で作成してもらったという会社の就業規則を見せてもらいましたが、法律には準拠しているものの、その会社の実態とかけ離れておりました。
5万円が悪いというわけではないのですが、あまりにも内容が乏しすぎて指摘箇所が山ほどありました。
逆に言うと、これだと1万円でもいいような内容の就業規則です。
(一般的なもので、勤務時間、休日、鏡の会社名を書き換えるだけの内容に過ぎないので・・・)

法律上、10人以上の従業員を雇用している場合には就業規則を作成し、労基署への届出が必要です。
法律に準拠している内容であれば、届出もすんなり受理されるでしょう。
労基署の職員が会社の状況や実態など把握する余地がありませんから、とりあえず作成して届出を済ませておけばとりあえず安心といった会社にとってはこれで良いのでしょうが・・・

でも経営理念と同じく、就業環境も会社によって異なるのは当然のことですよね?

・・・というわけで
只今無料ガイドブック申込み受付中ですひらめき
「社労士が教える就業規則活用法〜社員が成長する仕組みづくりのヒント〜」
お申込みはコチラからどうぞ

さらに詳しくはホームページをご覧下さい。

事務所ホームページはコチラ

<今日の一言>
才能と意志の欠けているところに、いちばん嫉妬が生ずる。
                        byヒルティー

電子申請の準備

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
かなり久しぶりの更新です。5月以来ですねたらーっ(汗)
ブログの存在すら忘れてしまうところでしたが、とあるブログが原因で労働トラブルになりそうな事案があったので、自分のブログの存在を思い出した次第なんですよ。
公開している以上、内容に関する責任を負わなければいけない立場でもあると改めて感じているこの頃です。

言い訳はさておき、弟君が通う幼稚園での出来事ですが、同じクラス同級生のお父さんが実はお知り合いの税理士さんだったんですよね〜
開業当初にご挨拶に行ったきりで、お仕事を一緒にさせていただいた事はまだなかったので、幼稚園の行事に参加中、不覚にも先方さんから声をかけて頂くまで全く気づきませんでしたよ。
毎月事務所ニュースを送ってくださっているのに、これじゃ面目立ちませんふらふら

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに(とりあえず)参加中手(チョキ)

さて、開業して2年目に入り、手続き関係も少しづつ増えてきたので電子申請に挑戦しようと考えております。
実は去年既に取得していた電子認証なんですが、FD形式なんで送付されてきた中身を確認することもなく机の奥底に眠ったまんまになっておりました。
電子認証取るのが、社労士試験の行政協力を受けるための条件の1つだったんです。
行政協力受けるには、いろいろと条件が出てくるわけなんですよ。
(このあたりのボヤキはきりがないのでこれくらいにしておきますあせあせ(飛び散る汗)

いまどきのパソコンには標準でFDドライブがついていないので、わざわざ外付けのドライブが必要だった訳です。
普段まったくFD使わないのに、このためだけに外付けドライブを購入するのももったいないですからね〜。
(最初の頃はUSBと交換してほしいと問い合わせしましたがやっぱダメでした)

SOHO向けのレーザー複合機も既に導入しちゃって、書類をスキャンできる環境にもあるので、仕方なく外付けFDドライブを購入しようと思ってましたが、運よく実家で発見したので拝借することにしました。
ようやく準備が整ったところで、マニュアルをちらっと流し読みしたところ、最近は便利そうなんで今度挑戦してみようと思っております。

技術の進歩が早いのでサラリーマンの頃は、仕事の効率化や環境上使わざるを得なかったので、当たり前の様に覚えていたのですが、なんとか取り残されないように気をつけないといけません。
実は開業当初も、FAXですら自分では使用するなんて思ってなかったのです。
スキャンしてメールすればいいことなんですが、どうしても相手があることなんで一応まだ活用中です。
特にこの業界、IT化含め全般的に遅れているような気がするのは私だけでしょうか?

<今日の一言>
志有るの士は利刃の如し。
百邪辟易す。
志無き人は鈍刃の如し。
              by佐藤一斎



人事制度の構築

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
こうやって1人で仕事をしていると、自分の身に何かあったときに代わりにやってくれる者がいないって事がどんな不安要素か最近しみじみ感じております。
たいしたことではないんですが、ちょっと恥ずかしい所を患い手術しようかどうか迷ってるんです。ふらふら
ねんきん特別別便の相談業務含めて、短期間でも全ての業務がストップしてしまうのが怖くて病院にも行かず(病院に行くことが一番怖いのですが・・・)なるべく悪化しないように気をつけてますけど、こればかりはどうしようもありません。
1人で仕事をすることのメリットもたくさんありますけど、こういったデメリットもあるわけですよね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて、いま人事制度全般の構築案件があり、プレゼン資料の作成に追われている最中です。
プレゼン次第でポシャル可能性もあるのですがなんとか受託して、その企業にマッチし、最終的に業績のあがる仕組みになるようなトータルな人事制度を作り上げたいところです。

おわかりだと思いますが、人事制度なんてものはよくある賃金等級表を流用したり、社内資格制度など他社の真似をしてもダメなんですよ。
(とりあえず形だけにしたいなら別ですけども・・・)
見かけはりっぱな制度だけど、人事考課なども形式上やっているだけでうまく運用できていないようなケースも多く見受けられます。


失敗の原因は大体こんなところでしょうか?

・自社にとって適正な人件費比率などを考慮していない
・経営者の一言で目標や方針がコロコロ短期間でかわる
・実際は運用できないような制度を無理やり作ってしまったけれどもISOの関係でがんじがらめになっている
・主役である従業員に目的がはっきりしておらず形式上やっているだけ
・従業員自身、普段の仕事以外の業務という意識があるため、煩わしいと思っている
・従業員自身、人事制度をつくっても何もかわらないと感じている(しらけムード)


この場では。具体的な進め方や年功序列や成果主義云々は触れませんが、制度ありきでやってしまうと期待していたような結果は出ないと私は考えております。

<今日の一言>
人生の目的は、心を尽くすことである。
つまり、しっかりと考えること。
何かの役に立つこと。
生きたことによって、何かの違いをもたらすことだ。
              byレオ・ロステン


特定労働者派遣事業の届出

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
今日は、大阪にある新規顧問先の社長さまと打ち合わせでした。
場所が肥後橋なんでタイミングが合えば堂島ロールを買って帰るのですが、ここはいつも行列です。
出張のついでなのか、サラリーマンも意外と並んでるんですよね〜

堂島ロールで有名なモンシュシュさんのHP
http://www.mon-chouchou.com/index.html

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて、最近立て続けに特定労働者派遣事業の届出業務をさせて頂いております。
登録型のような一般労働者派遣ではなく、特定労働者派遣とは常用雇用労働者だけを対象としております。

特定の場合、技術者の派遣業務が大方ではないでしょうか。
開発がらみとなれば、案件ごとプロジェクトを進める上で、同じ場所で開発を進めていくほうがいいんです。
開発には、仕様を提示して丸投げで委託できる業務とできない業務があります。
開発スパンもより短期間を要求されますので、離れた場所で伝わり方に微妙なニュアンスの違いによって。度々修正している時間もない訳なんですよ。
ましてや、自前で雇用する技術者が不足しているとか一人前に任せれるような技術者が十分に育ってないといって背景もあるようです。

昨今、行政側も派遣事業の適正化に向けて厳しく指導している背景があります。
派遣受け入れ先、特に製造業で調査が入り派遣契約書などをチェックし不備があれば派遣受け入れ先と、派遣元へも是正勧告するようです。
行政側にとっては派遣受け入れ先へ調査すると取引先である派遣元の実態も掴めるので一石二鳥って訳ですね。
無届や無許可でやっていると、真っ先につっこまれてしまいますよ。

そんな状況なので、派遣受け入れ先も派遣契約締結を慎重にならざるを得ないのです。
もちろん技術やサービスによってビジネスにつながる訳ですが、派遣の適正な管理を行う事業所との取引をする事が大前提となってきているようです。
派遣業を無許可、無届でやっている事業所とは取引停止になる恐れがあるということは、派遣元にすればビジネスそのものが成り立たなくなってしまうという事です。
せっかく保有している技術なりサービスが、こんなことでビジネスチャンスがなくなるなんてホントもったいないですよ。
(ここんところを声を大にして伝えたいんです)

派遣の開発案件ってのは期間限定のスポット業務が多い訳ですけど、一度新規で取引につながれば次の開発案件にもつながりやすいですからね。
一度同じプロジェクトに携わった派遣労働者の技術力や人柄が、また次の案件につながるんです。
(指名されちゃうんですよね)

話はそれちゃいましたが、技術者派遣などで「特定労働者派遣事業の届出」を委託したいとお考えの事業所さまは、当事務所までお問合せしてくださいね。


事務所ホームページからのお問合せはコチラからどうぞ

<今日の一言>
うまいものを食っても、八時間くいつづけられるものではない。
遊ぶことにしても同じだ。
ただ仕事だけは八時間やっても飽きがこない。
またやる気がでてくる。
               by バーナード・ショウ

公式HPが復旧しました

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
ようやく公式HPの復旧作業が完了し、ちゃんと表示されるようになりました。

事務所ホームページはコチラ

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

まずは、事務所紹介型の公式HPを完成させたいところです。
できれば業務特化型のHP作成も視野に入れているところなのですが・・・
業務と並行しながら、こちらの方も一歩づつ前進していきたいところです。

性格の問題と要領の悪いせいか、どちらかというと一度に並行して物事を進める事がどうも苦手のようです。
当時の上司からも、お前は極端すぎるとよく言われたものです。
(最高の褒め言葉だと勝手に思い込んでいましたわーい(嬉しい顔)

食事の時も、おかずや味噌汁も一品を全て食べ終えてから次のお皿の一品に箸をつけてる様ですので・・・たらーっ(汗)
自分ではなかなか気づきませんでしたけどね。
ただ、かなりの早食いなんですよね。
育った環境もあると思いますが、基本的には食事中に話をしないもんですから。
僕が生まれてからも両親はずっと共働きだったんで、やっぱりバタバタしてたんでしょうか、思い返すと「早く食え、黙って食え」が口癖だったようです。
でもまぁ、こんな性格ですがなんとか前向きに?とらまえてがんばりますよわーい(嬉しい顔)

<今日の一言>
己の感情は己の感情である。
己の思想も己の思想である。
天下一人それを理解してくれなくたって、己はそれに安んじなくてはならない。
                                by 森 鴎外