経営に気づきを注ぐ@京都の社労士事務所blog > 就業規則 > 採用の際、提出してもらう書類ははっきりしていますか?

採用の際、提出してもらう書類ははっきりしていますか?

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
中小企業では通年採用でも特に技術系で、人材の採用難が深刻な状況のようです。
待遇面では大手企業にはかなわない面もあり、頭を抱えていらっしゃる企業も多いのではないでしょうか?

新卒を(社会人のマナーから)充分に教育できる体制が整っていない為、即戦力を期待して中途採用するケースが中小企業の場合では多いかとおもいます。
で、採用してみれば期待はずれだったとボヤくケースも多いようですね。

いくら社会人経験があって、優秀な成績を残した人材でも、会社での仕事の仕方や考え方が違うのは当然ですよね。
最低限でも会社の方向性や、仕事の取り組み方などはちゃんと教育するのは中途採用といえども(だからこそ)必要です。
本人の資質も大きな要因ではありますが、会社の取り組みひとつで人材を人財にできるできないを左右することもあるのですよ。

会社説明の際には
会社として、何を目指しているのか?
仕事を通じて、どのようなキャリアが得られるのか?
会社としてこのくらいはハッキリと説明できるようにしてください。
中小企業にたくさんいい人材が集まって活性化し発展してほしいと願うばかりです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて前置きが長くなってしまいましたが、採用する際にあらかじめ必要な提出書類ははっきり定めているでしょうか?
採用後のトラブルを避けるためにも、あらかじめ就業規則に必要書類は記載することをおすすめします。

就業規則でよくあるのが
第〇〇条(採用決定者の提出書類)
1、履歴書
2、身元保証書
3、年金手帳及び雇用保険被保険者証
4、その他会社において必要と認め、提出を求めた書類等

4の項目にその他の書類は含まれるので無難なようですが、あらかじめはっきりと記載しておかないと手続きの漏れが発生しかねません。
できればひとくくりにせずに採用選考時、内定時、入社時にそれぞれ必要な提出書類を別条項にしてはっきりさせておきましょう。
また、身元保証書の内容は2名の内1名は親戚とする等、別条項ではっきりさせておく方が良いですね。
当然秘密保持などの誓約書関係も必須です。


只今無料ガイドブック申込み受付中ですひらめき
「社労士が教える就業規則活用法〜社員が成長する仕組みづくりのヒント〜
お申込みはコチラからどうぞ

<今日の一言>
時間が流れる、とわたしたちは言う。これは正しくない。
進んでいるのは、わたしたちであって、時間ではない。
わたしたちが川をボートで行くとき、動いているのは岸で、
わたしたちの乗っているボートではないように思われる。
時間もそうだ。
                     byトルストイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PR: ジャストシステム「トラスティア」特設ブログ
Excerpt: 大学関係者必見!ジャストシステム「TRUSTIA」から、本音で大学を考える大学情報ブログを公開中!オバタカズユキ氏をはじめとした強力ブロガー陣が、リアルなメッセージをお届けします!
Weblog: ブログ広告「とらクリ」
Tracked: 2007-09-25 16:57