点から面への拡大

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
以前飛込み訪問した会社の社長さまから、同業種の工業組合の理事をされているとの事で、工業組合での勉強会で講師をしてみないかとご連絡頂きました。
もちろん、やらせていただきますと即答です。
しかしながら講師なんてやったこともありません。
せいぜい、サラリーマン時代に代理店向けの商品勉強会程度です。
具体的なテーマや日時などはまだ決まっていませんが、何事も経験です。
舌足らずで、緊張し~なのでうまく務まるか不安ですが、せっかくのチャンスを頂いたので、具体的に話がまとまれば頑張りたいとおもっております。
開業したての若輩者だとご存知なのに、ご連絡下さったことがなによりもうれしいじゃないですか。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて、今回はおすすめ本“ザ・プロフィット”のローカル・リーダーシップ利益モデルをご紹介します。
書籍ではスターバックス、ウォルマートの店舗進出などが紹介されております。

“点から面への拡大”とタイトルにもあるように、都市単位、地域単位など新規に店舗を増やして、以下のような優位性で他社を圧倒していくわけです。

仕入れ価格の優位
立地条件による優位
人材募集にかかる経費の優位
店舗自体が宣伝となる広告宣伝費の優位
ブランディングや立地条件による高価格設定の優位

強者の場合、拡大戦略のもと、このような優位性で津波のように押し寄せてくるわけです。
(当然拡大していくことで、優位性がでるのがわかっているからですね)
逆に弱者がとる手段はどうすればいいでしょうか?
同じ路線でいくといずれ津波に巻き込まれてしまいます。
すみ分けができる業界でもないですからね。

しかし、スターバックスの店舗の外でコーヒーを飲むスタイルは、今でこそあたりまえの風景で違和感ないのですが、進出してきた当初は恥ずかしくて外でなんて飲めませんでしたが・・・
店舗内のインテリアやスタイルひとつで客層もかわってきますよね。

<今日の一言>
自分は有用な材であるという自信ほど、
その人にとって有益なことはない。
              byカーネギー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61013653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PR: イタリアの贅沢生活 トラノイ
Excerpt: オリーブオイル、バッグ、食器など、素敵な商品が見つかるショップです。
Weblog: ブログ広告「とらクリ」
Tracked: 2007-10-17 06:38

PR: ジャストシステム「トラスティア」特設ブログ
Excerpt: 大学関係者必見!ジャストシステム「TRUSTIA」から、本音で大学を考える大学情報ブログを公開中!オバタカズユキ氏をはじめとした強力ブロガー陣が、リアルなメッセージをお届けします!
Weblog: ブログ広告「とらクリ」
Tracked: 2007-10-17 18:50