特定労働者派遣事業の届出

京都のあすなろ社会保険労務士事務所@堀内です。
今日は、大阪にある新規顧問先の社長さまと打ち合わせでした。
場所が肥後橋なんでタイミングが合えば堂島ロールを買って帰るのですが、ここはいつも行列です。
出張のついでなのか、サラリーマンも意外と並んでるんですよね〜

堂島ロールで有名なモンシュシュさんのHP
http://www.mon-chouchou.com/index.html

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて、最近立て続けに特定労働者派遣事業の届出業務をさせて頂いております。
登録型のような一般労働者派遣ではなく、特定労働者派遣とは常用雇用労働者だけを対象としております。

特定の場合、技術者の派遣業務が大方ではないでしょうか。
開発がらみとなれば、案件ごとプロジェクトを進める上で、同じ場所で開発を進めていくほうがいいんです。
開発には、仕様を提示して丸投げで委託できる業務とできない業務があります。
開発スパンもより短期間を要求されますので、離れた場所で伝わり方に微妙なニュアンスの違いによって。度々修正している時間もない訳なんですよ。
ましてや、自前で雇用する技術者が不足しているとか一人前に任せれるような技術者が十分に育ってないといって背景もあるようです。

昨今、行政側も派遣事業の適正化に向けて厳しく指導している背景があります。
派遣受け入れ先、特に製造業で調査が入り派遣契約書などをチェックし不備があれば派遣受け入れ先と、派遣元へも是正勧告するようです。
行政側にとっては派遣受け入れ先へ調査すると取引先である派遣元の実態も掴めるので一石二鳥って訳ですね。
無届や無許可でやっていると、真っ先につっこまれてしまいますよ。

そんな状況なので、派遣受け入れ先も派遣契約締結を慎重にならざるを得ないのです。
もちろん技術やサービスによってビジネスにつながる訳ですが、派遣の適正な管理を行う事業所との取引をする事が大前提となってきているようです。
派遣業を無許可、無届でやっている事業所とは取引停止になる恐れがあるということは、派遣元にすればビジネスそのものが成り立たなくなってしまうという事です。
せっかく保有している技術なりサービスが、こんなことでビジネスチャンスがなくなるなんてホントもったいないですよ。
(ここんところを声を大にして伝えたいんです)

派遣の開発案件ってのは期間限定のスポット業務が多い訳ですけど、一度新規で取引につながれば次の開発案件にもつながりやすいですからね。
一度同じプロジェクトに携わった派遣労働者の技術力や人柄が、また次の案件につながるんです。
(指名されちゃうんですよね)

話はそれちゃいましたが、技術者派遣などで「特定労働者派遣事業の届出」を委託したいとお考えの事業所さまは、当事務所までお問合せしてくださいね。


事務所ホームページからのお問合せはコチラからどうぞ

<今日の一言>
うまいものを食っても、八時間くいつづけられるものではない。
遊ぶことにしても同じだ。
ただ仕事だけは八時間やっても飽きがこない。
またやる気がでてくる。
               by バーナード・ショウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック