雛形就業規則について

京都のあすなろ社会保険労務士事務所 堀内です。
ガイドブック製作用にと事務用品のカタログを請求したのですが
事務用品どころか生活用品までそろっているので大変便利ですよね。

安いのでついでにトイレットペーパーを1ケース買い溜めする事にしました。
実は弟君(4歳児)がトイレットペーパーにどうもこだわりがあるらしく、減ってきて
ロールが細いままだと機嫌を損ねるのでやっかいなのです。たらーっ(汗)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 人気blogランキング ranQ ←ランキングに参加中手(チョキ)

さて、就業規則のガイドブックを作成中なのですが出回っている雛形を確認しながら
すすめていると本当に会社の実態と合っているのか疑問に思う規定がけっこうあります。

せっかく作成や改訂するのであれば、雛形をちょこっとイジル程度にしないで実態に合った
就業規則をつくって、就業規則をもっと活用して欲しいです。
法律で規定されていない部分の取り決めを就業規則に明記していくことが実は大事なんですよ。
今回、内容までは紹介しませんが後でトラブルにならないように実態と合っているのか確認
することをおすすめします。
これから少しづつですが活用方法など紹介していこうと思います。

<今日の一言>
ゆうゆうとあせらずに歩む者にとって長すぎる道はない。
しんぼうづよく準備する者にとって遠すぎる利得はない。
                     byラ・ブリュイエール